Lightning in a Bottle
2005/2/16 (wed)

Lightning in a Bottle
監督: アントワーン・フークア
出演: B・B・キング、エアロスミス、メイシー・グレイ、バディ・ガイ




ブルース・ブルース・ブルース!

LIGHTNING IN A BOTTLE

の試写会へ行って来ました。

オープニングはアンジェリーク・キジョー。
じんわりと身体が熱くなる、感動的な歌声からの始まりでした。

とにかく、ドキドキしっぱなしで、口も開きっぱなしで、
映画の中の観客の声と、自分の心の声があまりにも重なっていて、
思わずスタンディングで拍手したくなる気持ちでいっぱいでした。

映画を見ながらライブ感を味わってるなんて、気持ち良すぎです!

ブルースが好き、音楽が好き、、、
一言では表せない程のたくさんの気持ちが、
この映画の中につまってたと思います。
私がもう少し歳を重ねた時、「そういえば・・・」なんて言いながら、
DVDをセットして、また今日と同じ気持ちを味わえるといいなと思いました。
ブエナ☆ビスタ☆ソシアル☆クラブやラスト・ワルツもそうだけど、
こういうすばらしい音楽映画があるってことを、
ずっと忘れたくない夜でした。
[PR]
# by cinqsens | 2005-02-16 23:56 | ・ドキュメント
アマデウス
2005/2/7 (mon)

アマデウス
監督: ミロス・フォアマン
出演: F・マーレイ・エイブラハム、トム・ハルス、エリザベス・ベリッジ




譜面に書直しのないモーツアルト。
そういえば高校生の時、絵書きの友達がいて、
その子はいつも迷いのない線ですらすらとキャンパスに絵を描いていたことを思い出した。
あの時の衝撃は今でも覚えてる。すごい!って本気で思った。
自分にはない才能と自分にはわからない苦悩。こういう映画も好きです。
[PR]
# by cinqsens | 2005-02-07 11:41 | ・ヒューマンドラマ
千と千尋の神隠し
2005/2/5 (sat)

千と千尋の神隠し
監督: 宮崎駿
声の出演: 柊瑠美、入野自由、夏木マリ、内藤剛志




宮崎作品は正直そんなに多く知らない私。
紅の豚、ナウシカ、カリオストロの城くらいですかねー。
パッと思い出せるのは。あ、あと、トトロ!

なんかあったかいですねー。宮崎作品って。大好きです。
[PR]
# by cinqsens | 2005-02-05 11:39 | ・アニメ他
Ray / レイ
2005/2/4 (fri)

Ray / レイ
監督: テイラー・ハックフォード
出演: ジェイミー・フォックス、ケリー・ワシントン、クリフトン・パウエル




ジェイミー・フォックスの演技には、"胸"踊らされました。すごすぎる!!!
確かでないけれど、ピアノや歌は、ジェイミー自らの演奏らしい。
ジェイミーは3歳の頃からピアノを習ってたって、なんかのサイトで書いてました。
ホントだとしたら、まさに運命・・・。
[PR]
# by cinqsens | 2005-02-04 11:37 | ・ヒューマンドラマ
キル・ビル
2005/1/16 (sun)

キル・ビル
監督: クエンティン・タランティーノ
出演: ユマ・サーマン、デヴィッド・キャラダイン、ダリル・ハンナ、ルーシー・リュー




見ちゃいました。
周りの感想からあまり期待はしてなかったのだけど、これがおもしろかった!
タランティーノの妄想爆発。ほとんどのシーンは血まみれです。
マジメに見ないことをオススメします。
すごく気になったのが、ルーシー・リューと戦う舞台となるあのお店。
料亭なのだけど、バンドが演奏して、フロアでみんなが踊ってる。ありえなーい!
いや、でもすごい。Vol.2 は近々見ることにします。
[PR]
# by cinqsens | 2005-01-16 11:44 | ・アクション
恋愛適齢期
2005/1/7 (fri)

恋愛適齢期
監督: ナンシー・マイヤーズ
出演: ジャック・ニコルソン、ダイアン・キートン、キアヌ・リーヴス




これはなかなか面白かったです。テンポもいいし。

ストーリーは、63歳の若いコ好きでやるき満々な男、54歳のバツイチ演劇作家の女、36歳の独身医師、この3人が運命的に出会い、人生に何度か訪れる「恋愛適齢期」が同時にやってきて・・・という感じ。

ジャック・ニコルソンのおしり、見たくなかった。。。けどゲラゲラ笑った。
ダイアン・キートンの裸体に脱帽!50代の女性とは思えない。美しすぎる・・・。
キアヌ・リーヴスの白衣姿はありえない感じ・・・。

海岸で白い石ばかり集めていたエリカ(ダイアン・キートン)。
ハリー(ジャック・ニコルソン)と出会い、恋をして、今度は黒い石ばかりを集めだす。
別れの時、黒い石の中に白い石を1つまぜ、
「私を思い出して欲しい」と思いを込めて手渡すシーン。
おしゃべりが楽しくて、横にいないと発作まででちゃって、、、
でもやっぱり最後は運命の人と結ばれる。

いいじゃない、いいじゃない!
ロマンチックなシーンも随所にみられ、心に響くセリフもたくさんで、
なんかホットな気分になった。

とても楽しめる作品でした。
[PR]
# by cinqsens | 2005-01-07 11:46 | ・ラブ
シティ・オブ・ゴッド
2005/1/5 (wed)

シティ・オブ・ゴッド
監督: フェルナンド・メイレレス
出演: アレクサンドル・ロドリゲス、レアンドロ・フィルミノ・ダ・オラ、セウ・ジョルジ




感想を書こうと思ったが、とてもじゃないけど楽しいとか面白いとかいう表現では表せない、
とても衝撃的なものだった。

とにかく見て欲しい。ほんとにほんとに久しぶりがつーんときた映画だったので。
[PR]
# by cinqsens | 2005-01-05 11:49 | ・オススメ
カレンダー・ガールズ
2004/11/22 (mon)

d0057773_11525954.jpg
















素敵な映画でした。

英国ヨークシャーの田舎町「ネイプリー」。
映された景色はどこも素敵だったな・・・

草原で、おばさまたちが太極拳(?)をする姿が可笑しくて笑っちゃうけど、
すごく美しいものを見ているような気分になった。
主演の一人、ヘレン・ミレンのたくましさと華やかさにも、とても魅了されました。
でも時々、「鬼教師ミセス・ティングル」という映画の中で
教師役をしていた彼女の表情を思い出して、ちょっとゾクゾクしてしまったけど。
出来上がったカレンダー・ガールズの写真は、どれもとても美しかったです。

こういうおばさま映画、ほんと好きだなぁ。


カレンダー・ガールズ(2003)
監督: ナイジェル・コール
出演: ヘレン・ミレン、ジュリー・ウォルターズ、シアラン・ハインズ
[PR]
# by cinqsens | 2004-11-22 11:51 | ・ヒューマンドラマ
マネキン
2004/11/16 (tue)

マネキン(1987)
監督: マイケル・ゴットリーブ
出演: アンドリュー・マッカーシー、キム・キャトラル、ジェームズ・スペイダー




d0057773_11561097.jpg
芸術肌の男の子が、マネキン工場で創ったマネキンに恋をする、とてもファンタジーな物語。

こういうの、大好きです。

理屈抜きで、嫌味もないし面白い!
オカマちゃん役も周りの俳優陣もいいキャラで、
警備員の連れてるブルドックが、氷袋を頭にのっけてる時の表情とか、
オカマちゃんの愛車のナンバープレートが「BAD GIRL」で、
メガネがいつもトレンディ(→)なのにも笑ってしまう。
ジェームス・スペイダーの髪型(→)には、コケました。
ちょっとしたことが可笑しくて、見てるだけで楽しめます。

ラストは、ちゃんとハッピーエンド。
80年代のロマンス映画はこうやって終わってくれるから、さらに嬉しいのです。

主演女優は、sex and the cityのサマンサ役、キム・キャトラル。
この時代の彼女も素敵です。
[PR]
# by cinqsens | 2004-11-16 11:56 | ・コメディ
ビッグ・ウェンズデー
2004/11/8 (mon)

ビッグ・ウェンズデー(1978)
監督: ジョン・ミリアス
出演: ジャン=マイケル・ヴィンセント、ウィリアム・カット、ゲイリー・ビューシイ




いったい何年前だったかな、
この映画をはじめて見たのは。

ビッグ・ウェンズデー

以来、テレビでやってるとついつい見てしまう、大好きな映画のひとつ。

とにかくかっこよくて、男色いっぱいの映画。

今までいろんな友達と出会ってきたけど、
それぞれの場所で、お互い最高だった時を同じ速度で歩いた人とは、
なんとなくずっと繋がっているように私は思う。
この映画のような男の友情ってちょっとうらやましく思えます。

ラストのサーフィンシーンはほんとにすごい!
これだけでも見る価値あり。

あんなふうに波とひとつになれたら、きっと最高だろうなあと思います。

3人の友情と青春に心がぎゅっとなる作品です。

d0057773_11584258.jpg
[PR]
# by cinqsens | 2004-11-08 11:59 | ・ヒューマンドラマ
グッバイ、レーニン!
2004.11.4 (thu)

グッバイ、レーニン!(2003)
監督: ヴォルフガング・ベッカー
出演: ダニエル・ブリュール、カトリーン・ザース、マリア・シモン




"ベルリンの壁"崩壊前後のお話なんだけど、
主人公や友達の奮闘ぶりに、
クスッと笑えたり、切なくなったり・・・だからって、
わかりにくいって感じではなかったです。

最後は、お母さんの微笑みにじんわりと涙しました。
ラストの終わり方も好きな感じです。

見終わった後も、

"幸せってなんだろう"

なんて考えてしまう。

"いい映画みたなー"と思うひとときでした。
今日はホットミルクを飲んで、ゆっくり眠りたい気分です。
[PR]
# by cinqsens | 2004-11-04 12:02 | ・ヒューマンドラマ
女は女である
2004/11/01 (mon)

女は女である
監督: ジャン=リュック・ゴダール
出演: ジャン=ポール・ベルモンド、アンナ・カリーナ




この映画の何が好きかって、
アンナ・カリーナの動きとファッションがとにかく好き。

私は、好きな女優さんとかがでてる映画って、
その人が画面で動いてる姿を見ているだけで、満足してしまいます。

アンナ・カリーナ、10代の頃から画面で見たくなる人。
今もその気持ちは変わらず、今日もうっとり眺めてた。
[PR]
# by cinqsens | 2004-11-01 13:29 | ・オトメ
ぼくのバラ色の人生
2004/10/21 (thu)

ぼくのバラ色の人生(1997)
監督: アラン・ベルリネール
出演: ジョルジュ・デュ・フレネ、ジャン=フィリップ・エコフェ、ミシェル・ラロック




「女の子になりたい男の子」

深いです。感想はいつかまた。
[PR]
# by cinqsens | 2004-10-21 13:32 | ・ヒューマンドラマ
スクール・オブ・ロック
2004/10/12 (tue)

スクール・オブ・ロック(2003)
監督: リチャード・リンクレイター
出演: ジャック・ブラック、ジョーン・キューザック、マイク・ホワイト




笑ったー。ゲラゲラ笑った。
ロック好きじゃないしーなんて人も関係なし。

歌に、踊りに、しゃべりに、表情に、

ジャック・ブラックのすべてに笑ってください。
見終わった後だって、気分は最高です。
[PR]
# by cinqsens | 2004-10-12 13:35 | ・コメディ
8人の女たち
2004/9/17 (sun)

8人の女たち(2002)
監督: フランソワ・オゾン
出演: ダニエル・ダリュー、カトリーヌ・ドヌーヴ、イザベル・ユペール





ミュージカル調の映画が好きなので、こういうのもすごく楽しめました。
大女優から若手女優まで、みんなが踊って歌って輝いている。

オススメです。
[PR]
# by cinqsens | 2004-09-17 13:38 | ・ミュージカル