ベン・スティラー
2005/7/26 (tue)

昨日テレビで「メリーに首ったけ」やってたから
なーんかベン・スティラーの記憶をたどってしまった。

リアリティ・バイツ(1994)
監督:ベン・スティラー 
出演:ウィノナ・ライダー、イーサン・ホーク 
ベン様の魅力にこてんぱにやられた作品。
おちゃらけなうっとーしい役ではないけれど、
これがまたいいの!映画としてもかなり好き。


メリーに首ったけ
監督:
出演:
おばか炸裂。大爆発。おもしろいよねぇ。
今日はこれを久々に見て、いろいろ書きたくなったのだ。


ミート・ザ・ペアレンツ
監督:
出演:




ザ・ロイヤル・テネンバウムズ
監督:
出演:
これはもう、映画自体おもしろい。
ベン様もいい役どころです。



ポリー my love
監督:
出演:
そういえば、フレンズにもベン様ゲスト出演してましたねー。
意外とね、おもしろいですよ、トイレのシーンとか。



隣のリッチマン
監督:
出演:




ズーランダー
監督:
出演:
いやいやいや、おもしろすぎっ!傑作です、この映画。



スタスキー&ハッチ
監督:
出演:
いつかのブログにもコメント書きましたが、
オーエン君とのからみは相変わらず抜群。
もうね、演技うまいっすよー。



僕たちのアナ・バナナ
監督:
出演:
この3人の組み合わせ、かなり好きなんです。
役どころはわりとフツーなんだけど、
やっぱどっか可笑しい。ダーマの低い声にはびびったー。



オレンジ カウンティ スペシャル・エディション
監督:
出演:
ロック好きなら必ず見てるんでないでしょうか?このタイトルからいって。
これにベン様が出てるとはしらず、
ジャック・ブラック目当てでみました。いいよ、これも。



ケーブルガイ
監督:
出演:
これにも出てるとしらず、ジム・キャリー目当てでというか、
テレビでやっててみたんだけれど、
はちゃめちゃでおもしろいです!


思い出せる限り、このくらいかな。
やーでも、ピックアップしてるだけで、
顔がにやつくーーーーっ!!

恋わずらい?

『ドッジボール』DVDでたらすぐみまっす!
[PR]
# by cinqsens | 2005-07-26 11:57 | ・アニメ他
いとこのビニー
2005/7/24 (sun)

いとこのビニー(1992)
監督:ジョナサン・リン
出演:ジョー・ペシ、ラルフ・マッチオ、マリサ・トメイ



これも久々にー。
結構好きだったんですけど、今回は・・・。
なぜだ?しかも、少しイライラ・・・。
あたし、精神的にやんでるのかしら。
この間も「ニュースの天才」観ててイラつくし。
でもね、やっぱりマリサ・トメイは最高!
好きだなぁこの女優さん。
「踊るマハラジャ★NYへ行く」でも次は観ようかな。
おもしろそうだし。
ってなんか、映画の感想になってませんけど、
ジョー・ペシがおばかな弁護士役で、最初はドジも踏んじゃうけど、
最後には大活躍!って話です(スミマセン簡単で)。
[PR]
# by cinqsens | 2005-07-25 09:47 | ・コメディ
ブギーナイツ
2005/7/21 (thu)

ブギーナイツ(1997)
監督:ポール・トーマス・アンダーソン 
出演:マーク・ウォールバーグ、バート・レイノルズ、ジュリアン・ムーア


友達がDVDを貸してくれたので、
久々にみてしまいました。
好きなんです、この映画。
「どんな映画?」って言われて
「AV男優の生き様よ」と答えると、
オトメな友らはみな「えっ?」と言って、
そのまま遠のいちゃってしまいますが、
おもしろいのよ。
気になる方はぜひに。
[PR]
# by cinqsens | 2005-07-21 23:48 | ・オススメ
ニュースの天才
2005/7/19 (tue)

ニュースの天才(2003)
監督:ビリー・レイ
出演:ヘイデン・クリステンセン、ピーター・サースガード、クロエ・セヴィニー


すっごく中途半端。
ヘイデン君演じるスター記者スティーブン・グラスが、
記事を捏造してしまうほどまでに、
追いつめられた精神状態もぜんぜん伝わらず、
疑惑を追いつめる展開もドキドキするってより、イライラする始末。
この事件は本当の話らしいけど、
それを知ってたらもっと楽しくみれたのかなぁ。
うーん、がっくし!
あらすじを読んだときはすっごく面白そうだったんだけどね。

それにしても、ヘイデン・クリステンセンって
分け目とめがねですっごい不細工になっちゃうのよ。
びっくり!
[PR]
# by cinqsens | 2005-07-19 17:44 | ・ヒューマンドラマ
キャスティング・ディレクター
2005/7/18 (mon)

キャスティング・ディレクター(1998)
監督:アンソニー・ドラザン
出演:ショーン・ペン、ケビン・スペイシー、メグ・ライアン


ななななんか、このキャスティングに惹かれて借りたのだけど、
しゃべってることもなんかよくわかんないし、
ハリウッドの裏側はこんなだよってのを見せたいのか、
まあこういう人たちがいるのよ~ってことをいいたいのかわかんないけど、
とにかく、よくわかりませんでした。
演技はすんばらしかったですけれど・・・。
[PR]
# by cinqsens | 2005-07-18 23:36 | ・ヒューマンドラマ
モーターサイクル・ダイアリーズ
2005/7/17 (sun)

モーターサイクル・ダイアリーズ(2003)
監督:ウォルター・サレス
出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、ロドリゴ・デ・ラ・セルナ


キューバ革命の指導者『チェ・ゲバラ』の若き日の南米放浪ロードムービー。

エルネスト(のちチェ・ゲバラ)と友人アルベルトが、南米大陸の自然、
そこに住む人々の生活に触れ、知らなかった現実を見たことで、
何かを感じ心の変化とともに自分の未来への確信に向かう。
自分探しの旅というと、軽い感じはするけれどそんな感じに思えた。

彼の性格...ダンス下手で読書家、スポーツ好きで、自然を愛す。
喘息もちにもかかわらず人々のために立ち向かおうとする勇気ある姿、
美人を見たときのあのデレデレ顔、、、、とてもステキ描かれていた。

重々しい雰囲気はなく、とても楽しめるロードムービーです。
チェ・ゲバラを知らない人もぜひに。

チェ・ゲバラに関する本で私が唯一読んだことがある本、
チェ・ゲバラ伝
涙涙涙だった記憶があります。もう一度読み返したいです。オススメします。
[PR]
# by cinqsens | 2005-07-17 23:29 | ・セイシュン
サイドウェイ
2005/7/14 (thu)

サイドウェイ(2004)
監督: アレクサンダー・ペイン
出演: ポール・ジアマッティ、トーマス・ヘイデン・チャーチ、ヴァージニア・マドセン


ワイン通でくたびれた中年男マイルス(中学校の英語教師)と
結婚を1週間後に控えた親友ジャック(下降気味の俳優)が、
ワイナリーへ旅に出る。
マイルスは安ワインの味しかしらないジャックに、ワインのよさを伝えようとするが、
ジャックはバチュラパーティーよろしくとばかりに女をあさる。
そんなこんなで、二人はある二人の女性と出会うことになるのだけど・・・。

さてどうなるのか?それは観てのお楽しみ。

セリフの言い回しの中でもワインの1年と自分の人生を照らし合わせてみたりして、
とても気が利いてるし、テンポもよい。
ポール・ジアマッティはこういう役、すっごく似合いますね・・・。

「アバウト・シュミット」もそうだったけど、この監督さんは、
くたびれた男性の哀愁ただよう人生を描かせるとうまいなぁと思う。
でも、リース・ウィザースプーンの「ハイスクール白書」とかもおもしろかったですけど。

次回作も楽しみです。
[PR]
# by cinqsens | 2005-07-14 23:56 | ・ラブ
サーティーン
2005/7/12 (tue)

サーティーン あの頃欲しかった愛のこと(2003)
監督:キャサリン・ハードウィック
出演:ホリー・ハンター、エヴァン・レイチェル・ウッド、ニッキー・リード


まじめな中学生が、セレブ中学生と仲良くなりたいと
自分をどんどん追いつめ、ドラック、セックス、へそピアス
万引きなどに走って落ちていく。
そんな子供たちがそのとき何を必要としてるのか?

傍から観ると「そんなことで・・・」といったことでも、
本人にしてみるとすごく大きな問題だったりすることを、
近くにいる誰かが気づけるかというのは
一緒に生活する中でとても大事なこと。
それは大人でも子供でも関係なく。
そんな思いをこの映画にも出演しているニッキー・リードが
若干13歳という若さで自分の体験をもとに書き上げた脚本。

ストーリーはお決まりのパターンですが、
訴えてるものがとてもシンプルでわかりやすいので、
この手の映画の中ではおもしろいほうかな。
母親役のホリー・ハンターは相変わらず迫力満点の演技で
娘に対する思いを見事に表してくれました。
すばらしい女優さんです。
[PR]
# by cinqsens | 2005-07-12 09:55 | ・スクール
観たい映画をつなぐタスキ
2005/7/11 (mon)

musical batonに続き、今度は映画!
roadman1971さまより受け継ぐことにー。
では始めます。


●過去一年間で、一番笑った映画!

スクール・オブ・ロック
監督: リチャード・リンクレイター
出演: ジャック・ブラック、ジョーン・キューザック、マイク・ホワイト
これかな。これだね。これですね!
このブログにもゲラゲラ笑ったって書いてるし~。




●過去一年間で、一番泣いた映画!

ラスト・コンサート
監督:ルイジ・コッツィ
出演:リチャード・ジョンソン、パメラ・ヴィロレッジ、リカルド・クッチョーラ
これが一番悩みました。
涙腺弱いので、結構な頻度で泣いております。
最近見た中ではこれですねぇ。といっても10回は観てる、で泣いてる。



●心の中の5つの映画

パリ、テキサス(1984)
監督:ヴィム・ヴェンダース
出演: ハリー・ディーン・スタントン、ナスターシャ・キンスキー 
あらー、どうしましょう。「ベルリン・天使の詩」と迷っちゃう。
でもナスターシャ・キンスキー熱が私の中で再びカミングしてるので、
今回はこっちで。


ビッグ(1988)
監督: ペニー・マーシャル
出演: トム・ハンクス、エリザベス・パーキンス
おーっと、この写真の髪型笑えます。が、、、これははずせない!
トム・ハンクス作品の中では一番好きです。



マグノリアの花たち(1989)
監督: ハーバート・ロス
出演: サリー・フィールド、ドリー・パートン、ダリル・ハンナ
女性ものか兄弟ものか家族ものをひとつ入れたかった。
「恋する人魚たち」とか「天使にラブソングを」とか「妹の恋人」とか・・・迷う。
でもやっぱりこれで。



はなればなれに(1964)
監督: ジャン=リュック・ゴダール
出演: アンナ・カリーナ、サミー・フレイ
このサイトの右上にある写真を見れば、
この映画のファンだということはわかるかな。エヘ。
「気狂いピエロ」と最後までまよったけど・・・ね。



浮き雲(1996)
監督: アキ・カウリスマキ
出演: カティ・オウティネン、カリ・ヴァーナネン
ラスト枠。いろいろ浮かんだけど(ジャック・タチの「プレイタイム」とかなり悩んだ)、
この映画を観た場所とか人とかいろいろにすごーく思い出があるので、
今日は「浮き雲」に。



●見たい映画
たくさんありますよ。「トニー滝谷」とかもみたいし、
ベン・スティラーの「ドッジボール」や「ミート・ザ・フォッカーズ」はもちろん観る。
今ちょーどレンタル中なのは、「サイドウェイ」。
「ボブ・ディランの頭のなか」も気になります。
って言い出したらきりがないね。。
でも、やっぱり1番観たいのは、「エピソード3」。


●このタスキをつなぐ方々
これ、困る~。
musical batonのときは、勝手に〆させてもらいましたが、
今回は、

mitchyさん
CANAL CITYさん
本と、のことさん
cinemaな夜にさん
No Cinema No Lifeさん

へまわしますので、よろしくです。

+

で、これって、どこかのマーケティングかしら?
[PR]
# by cinqsens | 2005-07-11 14:06 | Cinema
オーシャンズ 12
2005/7/3 (sun)

オーシャンズ 12(2004)
監督: スティーヴン・ソダーバーグ
出演: ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、ジュリア・ロバーツ




エンターテイメントな感じですけど、
私の中ではちょーっと盛り上がれなかった。
上級者用なのかもしれません。
身内の笑い的なセリフもときどき理解できず、
最終的につじつまは通ったけど、
やっぱりもっともっと百戦錬磨トリック尽くしの盗みを
展開してほしかったなっ。
なにはともあれ、オシャレな映画でしたー。
[PR]
# by cinqsens | 2005-07-03 17:37 | ・コメディ
ムッシュ・カステラの恋
2005/6/24 (fri)

ムッシュ・カステラの恋(1999)
監督:アニエス・ジャウィ
出演:アンヌ・アルヴァロ、ジャン=ピエール・バクリ、ブリジット・カティヨン




この邦題、、、どうにかならないんですかっ!!!?
確かにムッシュ・カステラの恋話なんだけど、
なんだかね、おいしそうな話かと思っちゃいます。
と同時に、見るきなくす人はいるはず。
カステラって名前は好きだけど。

感想はさらっと。
星で言うなら、★★★☆☆(★3つ)です。
口をとんがらせてまで、批判するものでもないし、
口を弾ませながら、絶賛するものでもなし。
邦画で例えると、フランス版おしゃれな寅さん。
くすっと笑えますよ。
でもインパクトは寅さんのがあるけれど・・・ね。
[PR]
# by cinqsens | 2005-06-24 23:53 | ・ラブ
Mondo/モンド
2005/6/23 (thu)

モンド ~海をみたことがなかった少年~(1995)
監督: トニー・ガトリフ
出演:オヴィデュー・バラン、モーリス・モラン、ジェリー・スミス





とても詩的で映像のきれいな映画です。

ひとつひとつのシーンが写真のようで、
なぜかちくちくと切なくなってしまう。

少年がはじめて海に出会うシーンや
あの屈託のない笑顔がすごくすき。

気持ちのバランスを崩して不安なときには
この映画をみるといいかも。
きっとほんわかな気分になれるから。
[PR]
# by cinqsens | 2005-06-24 13:22 | ・ヒューマンドラマ
NOVO
2005/6/21 (tue)

d0057773_10202384.gifNOVO(2002)
監督: ジャン=ピエール・リモザン 
出演: エドゥアルド・ノリエガ、アナ・ムグラリス、ナタリー・リシャール





友達にRadioNovaいいよー、なんて話してたら、映画のNOVOもいいよー
という答えがかえってきた。
友達とのこういう会話はちょっとうれしくて記憶に残っていたりする。
と思っていたら、ちょうどテレビでやっていたので見てみた。

主人公は記憶が5分しか持たない記憶障害をもつ男グラアム。
すぐにこの設定で『メメント』を思い出してしまうけど、
まったく違うものだった。むしろこっちのが好き。
音楽やファッション、映像の色づかいなんかはかなり好みな感じ。
ストーリーも悪くない。
ふたりのラブシーンが多いのだけど、それはすごく本能的なもので、
エロティックに感じないのもいい。でも、日活なのには納得。
曖昧な記憶も手伝ってか、周りの人たちの行動もときどき追いつけない。
矛盾だらけ。記憶の相違ということかな。そういうところもおもしろい。
エドゥアルド・ノリエガの純粋無垢な演技もお見事だったと思う。

それにしたって、“シャネル”のミューズとしても有名な
アナ・ムグラリスにはくらくらです。美しすぎる。リブ・タイラー似。


d0057773_1112269.jpg


映像のなかでこういう美しい人がでちゃうと、ただただストーリーそっちのけで
目が追ってしまうので、それだけでも満足な映画だったなーと(私にとって)思います。
[PR]
# by cinqsens | 2005-06-22 00:59 | ・ラブ
恋に落ちる確率
2005/6/17 (fri)

恋に落ちる確率
監督:クリストファー・ボー
出演:ニコライ・リー・カース、マリア・ボネヴィー、クリスター・ヘンリクソン 





これはですねー、ちょっとよくわからない部分もあったんですけど、
実は2回見て、やっとなんとか解けたという感じです。
映像もストーリーもとても特殊で、娯楽な気分で観るより、
ゲーム感覚でみるとおもしろいです。

「すべてを捨てて、愛にかけれるか!?」

という感じのテーマなんだけど、まあこれだけだとフツーな感じなのだけど、
でも映像は普通でないので、とにかく頭使いたいときにみるとよいかな。
それにしても、なんとも斬新な映画だなーと思ってたら、
なんとこの監督さん、この映画で劇場長編デビュー作ではないですか!
しかも新鋭クリストファー・ボー!なんて書かれてるあたり、次回作も楽しみですね。
[PR]
# by cinqsens | 2005-06-17 17:47 | ・ラブ
ビフォア・サンセット
2005/6/17 (fri)

ビフォア・サンセット(2004)
監督: リチャード・リンクレイター
出演: イーサン・ホーク、ジュリー・デルピー 




『恋人までの距離(ディスタンス)』(1995)の続編です。

前作、ラストのシーンも大好きで、
この作品のイメージが壊れるような続編になるくらいなら、
あのままのふたりの方がいいなと思ってたのですが、、、。

6ヶ月後に会おうと約束を交わして別れたふたり。
結局は6ヶ月後ではなく、パリの書店で9年後に再開することになります。
今回は、ほとんどのシーンがふたりの会話でなりたっていて、
この9年間のことはもちろん、あの日のこともその会話から聴き取ることができ、
ずっと合っていなかったとは思えないほど話題はつきず、
ホントは聞きたいことがなかなか聞けなかったり、
話したいことがなかなかはなせなくて、
ついどうでもいいような話題で喧嘩になったり。
でもこんなに話続けられるのは、
きっとこの人だけなんだってこともちゃんとわかってて、
相手のことをもっと知りたくて、自分のことをもっと伝えたくて、
別れる時間が近づいているのに、
なんとかもっと一緒にいるために理由をつけてみたり・・・。

あーっもう!こういう感覚って忘れているのではなくて、
封じ込めてるのかもしれないです。
だから話始めると無意識のうちにいろんな思いがよみがえって、
すんなりその頃の自分にタイムスリップできてしまう。
心地よかったあのときを、もう一度味わいたいと思ってしまう。

ラストのシーンで、ふたりが一緒の部屋にいる空気感がほんとにやさしくて、
ゆらりとゆっくりの時が過ぎているのに、時間が止まっているようだった。

この続編はほんとによかった。大好きです。
前作を通してもう一度みたくなりました。


::Nina Simone
http://ninasimone.com/welcome.html
[PR]
# by cinqsens | 2005-06-17 14:38 | ・オススメ